【商品名】クリニック・病院によくある労働問題

(サイトが表示されません。)


¥2,500 商品サイトに行く
クリニック・病院によくある労働問題田中 由美PDF19ページ2019-10-22
クリニック、病院の経営者向けに、労働問題の対処方法について、解説しています。
なかなか病院などを対象とした労働問題についての情報はないと思います。

労働問題は放置すれば、いつ裁判になるかもしれません。
そうならないため、また残念ながらそうなってしまったときのためにやっておくべきことを記載しています。


クリニックや病院は、ドクター、看護種、事務職員、そして患者などいろいろな職種の人に よって支えられていることから、労働問題が発生しやすい職場になっています。

ドクターと看護婦、看護婦と事務職員、看護婦同士、また患者と看護婦の間では、ハラスメントなどいつ起こってもおかしくないです。

それが原因で、メンタル不調も起こり、労働意欲も低下し、労働生産性が悪化します。また、退職につながることもあります。

裁判になった場合は、安全配慮義務違反で使用者責任を問われることとなります。

そこで最も問題となりやすいスタッフの労働問題として、ハラスメント、情報漏えい、懲戒処分・ 解雇の3つについて取り上げています。

・それぞれどのような場合に問題となるのか。
・それを事前に防ぐためには何をする必要があるのか、
・また問題が起こった場合にどう対処すればいいのか、

について、それぞれ解説しています。

これを読んで実践していただくことで、労働問題のないクリニック、病院となることを願っています。





評価    必須
☆5つ
非常に良い

☆4つ
良い

☆3つ
普通

☆4つ
あまり気に入らない

☆3つ
気に入らない


タイトル

名前

コメント  必須

e-mail

URL



他の人が見ている商品

前
後
関連する商品